DRAMA CD

ドラマCD 2019年4月24日(水)発売! カナヲ完全監修による新作シナリオ ドラマCD 2019年4月24日(水)発売! カナヲ完全監修による新作シナリオ

※デザイン前となります

ドラマCD「被虐のノエル」
SEASON 0 〜叛逆〜

  • 価格:2,500円+税
  • 仕様:特製スリーブケース・ジュエルケース・CDレーベル1枚組
  • 特典:12Pブックレット・脚本縮小版40Pブックレット
  • レーベル:TOHO animation RECORDS
  • 発売・販売元:東宝

THCA-60242
POS:4988104115423

<ご購入のお客様へ>
誤植のお知らせとお詫びについて

  • ジャケット裏面イラスト
  • ポスタービジュアル

あらすじ あらすじ

ノエルとバロウズが相対した記念式典の決戦、その前夜。眠れず風にあたっていたノエルは、どこか落ち着かない様子のフーゴと鉢合わせする。
「実はな。俺もあのコンサートホールには、思い出があるんだよ」
彼が打ち明けたのは、意外すぎる真実だった。

まだ「爆弾魔(ボマー)」の通り名もなかった4年前から始まったバロウズとの関係とは。そしてバロウズと出会った2年後、フーゴを変えた「冬の音楽祭事件」とは…。

知られざる過去、そして仲間達の奇妙な繋がりが明らかになる、宿命の長編エピソード。

キャスト

  • ノエル・チェルクェッティ:市ノ瀬加那
  • フーゴ・ドレッセル:杉山紀彰
  • オスカー・ドレッセル:佐藤拓也
  • ラッセル・バロウズ:細谷佳正
  • パイソン(ラウロ・マエストリ):羽多野渉
  • ジーノ・ロレンツィ:竹内良太

<PVのみの出演>

  • カロン:梅原裕一郎

スタッフ

  • 原作・脚本原案・監修:カナヲ(「ゲームマガジン」連載)
  • 脚本:藤下元気
  • 音響監督:飯田里樹
  • 音響制作:dugout
  • ノエルピアノ曲:中島慧
  • 製作:2019 カナヲ/ドラマCD「被虐のノエル」製作委員会

キャストコメント

<ノエル・チェルクエッティ役:市ノ瀬加那>

■収録してみてのご感想

ドラマCDのメインキャストが初めての経験でした。わくわく感もあり、また「被虐のノエル」という素晴らしい作品にノエル役で出演できたこと、本当に幸せです。ゲームの世界観を残しながらも、ドラマCDとしての新しい「被虐のノエル」をお届けできると思います。

■ノエルというキャラクターの印象

お嬢様という設定があったので、育ちの良さや厳格な家庭環境があって、ピアニストとしてのプライドも高いんだろうな、というのがファーストインパクトでした。でも、彼女を知っていくうちに、しっかりと芯の通った強い女の子だなという印象が強まりました。ノエルが自分の中のドロドロした感情をむき出しにするところが印象的だったのと、自分自身もそういった演技をしてみたかったので、ノエルを演じさせて頂けて嬉しかったです。

■キャラクター作りで心がけたところ

まず、自分なりに一生懸命、まっすぐに演じてみようと思いました。ノエルはプライドが高く、凛としていてクールな女の子なので、ちょっとした言動にも鋭さがありました。そこに声がついた時、「冷たい、嫌な感じの女の子」になってしまわないよう気を付けました。復讐の根底にあるバックボーンはもちろんですが、それ以上に「きちんと芯が通った女の子」ということを意識して、演じました。

■ファンの皆様へ

この「被虐のノエル」というゲームがファンの皆様に愛されて、ゲームマガジンの中でもトップクラスの人気を誇っているということを伺いました。もしこの先があるとしたら、その人気と期待に恥じぬよう、もっともっとノエルの性格を深掘りしていこうと思います。まだゲームをやったことがないという方も、台詞の裏に色々な感情がある作品だと思っているので、その感情も考察して楽しみながら、ゲームをプレイしてみて頂ければと思います。

<フーゴ・ドレッセル役:杉山紀彰>

■収録してみてのご感想

通常のアニメーションと違い尺を気にせずお芝居ができたことも含め、とても楽しく収録させて頂きました。

■フーゴというキャラクターの印象

フーゴは不器用ですが、葛藤や自身の生い立ちに対しての感情といったところで、非常に人間味があるなと感じました。もちろんキャラクターとして生きてはいますが、それでもリアルな人間っぽい感情の機微が感じられて、すごく好きだなと思いました。

■キャラクター作りで心がけたところ

今回のお話のように、シリアスなシーンがある作品は特にですが、キャラクターの物語が繰り広げられている中でも、必要以上にオーバーに演じず、なるべくナチュラルに、そのキャラクター自身の人間味を出せるようお芝居をするということを心がけました。

■ファンの皆様へ

「被虐のノエル」という作品は、非常にユーザーの皆様の熱の高い作品だということで、そんな作品に出演させて頂けたことをとても光栄に思っております。このドラマCDを聴いて頂いて、そんなファンの皆様が心から「楽しかった!」とか、「良かった!」と思って頂けて初めて、次に繋がっていくと思います。まずはこのドラマCDを聴いて頂き、また、まだ作品を知らないという方もWEB配信をしているゲームですので、ぜひぜひ遊んでみて頂けたらなと思います。