ストーリー | 被虐のノエル(作者:カナヲ)公式サイト|無料で遊べる電ファミニコゲームマガジン

両手両足を失った少女ノエル・チェルクェッティ。
大悪魔カロンと契約し、行動をともにする彼女には
必ず復讐を成し遂げねばならない男がいた。

それは――”市民の誇り”と称されるラプラス市長バロウズ。

マフィアがはびこっていたラプラス市に平和をもたらし、
市民から愛されてやまないこの完璧無比な男に、
なぜ少女は激しく怒り、復讐を誓うのか?

四肢を失い、よろめきながらも復讐の歩みを止めないノエルと
それを冷酷に、しかし時に体を張ってサポートしつづける大悪魔カロン。
ともに復讐に燃える二人のコンビはバロウズを追い詰めていく。

#01

プロのピアニストを両親に持つ少女、ノエルは確信していた。
「今年のピアノコンクールで優勝するのは自分だ」と。

しかし、その確信は絶望へと変わる。
優勝を手にしたのは親友のジリアンだったのだ。

あまりの衝撃に自暴自棄となり会場を飛び出したノエル。
その背中を市長のバロウズは怪しげな瞳で見つめていた……。

悔しさに押しつぶされそうになりながら、夕陽を見ていたノエルのもとにバロウズが現れる。
そして彼は少女にコンクール優勝の証を与えるため、”取引”を持ちかける。

ノエルはその言葉を信じ、約束の場所へ向かうが、そこには「悪魔」が潜んでいた……。

#02

両手両足を失い、市長バロウズへの復讐を誓ったノエルは、
汚職の証拠を手に入れるため、海運会社アクエリアスへの潜入を試みようとする。

だが、市長秘書シビラはノエルたちの行動を先読みし、ビルの中で待ち構えていた。
罠にはめられ、地下の”海底牢獄”へと突き落とされていく二人。

迷宮のような地下の通路を上へと登っていく二人に迫り来る、数々の困難。
復讐に燃える少女ノエルと大悪魔カロンは無事に脱出できるのか。
だが、脱出の過程でノエルの様子は徐々におかしくなっていく……。

#03

命からがら、ノエルとカロンが泳ぎ着いた隠れ家――それは、カロンのよく知る場所だった。
息を潜めた二人がテレビをつけると、バロウズがノエルをテロリストとして糾弾する会見映像が……。

一方、その隠れ家には、カロンと何者かが生活した、様々な生活の痕跡が残されていた。
ノエルはカロンに次々に証拠を突きつけて、カロンが契約を交わしたという
“その男”との過去を聞き出していく。

だが、その隠れ家には、カロンも知らない罠がなぜか仕掛けられていて……。
二人は何者かが仕掛けたトラップをかいくぐり、再び復讐に立ち上がることができるか?

#04

復讐まであと一歩の状況から逃走を決意したノエルとカロン。
二人は厳戒態勢のラプラス市で、息をひそめて過ごしていたーー。

そんな中、突如として現れた”正義の魔人”オスカー・D。
警察官である彼は、ノエルたちになにやら個人的な恨みがあるようで……。
しかも、彼は二人の前で謎の能力を発動させてきた!

警察サイドの動向にくわえ、ノエルを救うべく動き出したジリアンなど
様々な人物の思惑が混じりあい、少女と悪魔の復讐譚は新たなステージへ!

#05

オスカー・Dとの決死の戦闘の末、
ノエルはカロンを連れ去られ、ひとり取り残されてしまう。
そんな絶望的な状況の中、ノエルが希望を見いだしたのはあの男――。

その男の名は、フーゴ・ドレッセル。
かつてボマーとして、ノエルの前に立ちはだかった爆熱の魔人。

ノエルは単身、ボマーを頼りに謎の施設へ危険な侵入を試みる……。
果たしてノエルはジリアンからカロンを奪い返し、救出できるのか?

ラプラス市

南欧に位置する、古くからある港町。
マフィアの力が昔から強かったが、若き市長バロウズがマフィアを一掃して
平和がもたらされた。

大悪魔との契約

ラプラス市が存在するこの世界には「大悪魔との契約」という概念がある。
それは超常的な力で遂行される世界で一番確実な願いの叶え方であり、
故にそれは人間社会の秩序を守るため、あらゆる国家の法律で禁止されている。
しかしそれは表向きの話で、実際には悪魔と契約して願いを叶える人間は後を絶たない。